開店祝いの胡蝶蘭

開店祝いのお花の選び方

開店祝いのお花にはどのようなものを選んで贈ればいいのか、初めての方には分かりにくいですね。

お店の雰囲気や広さや立地、ご予算などでおススメのお花を紹介します。

開店祝いのお花の選び方

フラワーアレンジメント、または胡蝶蘭がよく贈られます。

花束は受け取ってからお店の方が花瓶に生ける手間などが増えるため、開店祝いにはおススメしません。

開店祝い花

ご予算が3.000円~20.000円の場合

フラワーアレンジメントがおススメです。

オープン祝い花

予算に合わせてどんなサイズでも作成可能なので、購入しやすいですね。

またお店の広さに合わせてサイズを決められるので、カウンターだけのお店には3.000円~10.000円で卓上サイズ。

席数があり広めのお店なら10.000円くらいのアレンジメント。

胡蝶蘭と同じくらい目立たせたいなら、思い切って20.000円の大きなアレンジメントがおススメです。

お店の雰囲気やテーマカラーなどが事前に分かっていれば、それもお花屋さんに伝えてみるといいですね。カラーにこだわったお花でつくってくれるかもしれません。

ご予算が20.000円以上の場合

胡蝶蘭

開店祝いの胡蝶蘭

華やかでボリュームもあり、豪華さでは負けません。

広い店舗や店前に置くスペースがあるときは一番おススメです。

20.000円~30.000円で胡蝶蘭の輪数が多くなり豪華さがランクアップします。

 

観葉植物

20.000円のご予算なら高さ160㎝程度の観葉植物なども購入できますが、お店の人がずっと枯らさず育てられるか?ずっと店内に置くことでスペースの負担などないか?など送る前にちょっと検討する必要があります。

ちょっと変わった開店祝いを贈りたい方には

入口ドアに掛けるリースはいかがでしょうか。

リースはもともとヨーロッパが発祥でリースを飾ってあるお宅には人が沢山集まり、福も集まるという縁起物として飾られていたとか。

まさに開店祝いにはピッタリです。

リースは丈夫なアーティフィシャルフラワー(造花)で作ったものが店舗にはおススメです。風雨に強く、振動にも耐えられます。

そのほかの材料にはドライフラワーやプリザーブドフラワーなどがありますが、お花が壊れやすいので、一日に何度も開け閉めする店舗のドアにはおススメしません。店舗の中の壁に掛けるなら大丈夫です。

リースのサイズは扉やお店の広さに合わせて直径40㎝から50㎝くらいがおススメです。小さなお部屋の店舗なら直径30㎝でも素敵に飾れます。

開店されるお店が華やかなスタートを切って沢山のお客様でにぎわいますように☆